妊娠の数え方

妊娠の数え方にはいくつかの種類があります。週・月・周期で表現する場合などなど。会話の相手でも変わりますし、病院などといった場所でも変わります。

これって、ざっくりしている性格の私には正直ややこしい。しかし、会話で必要なのだから仕方がないと諦め、覚えて適当につかっていました。

そこで今回は、初めての妊娠なので、妊娠の数え方を知りたい!!。そんなプレママに向けて、「妊娠の数え方」についてご紹介したいと思います。

【妊娠の数え方アレコレ】

《妊娠の数え方》

(数え方/週・月)

先ず、妊娠の基本的な数え方ですが、妊娠は0週からカウントをはじめ、39周で終わりと考えるのが一般的。

妊娠0月0日の0週目を妊娠の始まりと捉えてカウントが始まり、3週目までを妊娠1ヶ月と考えます。

3週間をひと月と考えるのは妊娠1か月目だけで、以降は4週間ごとにプラス1ヶ月と考え、カウントするのです。

例えばこんな感じです→ママ)あれれ、予定日を過ぎてるのに、生理が来ないな?そういえば体調もちょっと変だな。もしかして妊娠かな?調べてみよう→妊娠検査薬の登場→検査→判定→陽性→やった、妊娠だ!!→病院へGO→判定→(先生登場)おめでとうございます。妊娠です。ところで、最後の生理はいつでしたか?→えっと、、、先月の10日が始まりでした。→ふむ、ではその日が妊娠初日となりますので、、、、

こうして妊娠判明となり、記録や記憶を頼りにさかのぼって最後の生理の日を調べます。その日が妊娠0月0日の0週目となり、以降、3週間目を1ヶ月の終わりとし、4週間目に入ったところで2カ月の開始、4週間が経過した8週目に入ったところで3か月目突入となるのです。

次に周期についてご紹介したいと思います。

(数え方/周期)

妊娠を超初期・初期・中期・後期と大きく分類する時に使用するのが一般的な使い方です。その時の状態を表す時に使う事が多いのです。

例えばこれです→“まだ妊娠初期だから、見た目に分かりにくいでしょ?”とか、“普通は妊娠初期につわりが始まるのだけれど、私の場合超初期にはすでに吐き気があったの。”

妊娠超初期が妊娠1ヶ月目、妊娠初期は妊娠2・3・4か月、妊娠中期は妊娠5・6・7ヶ月、妊娠後期は妊娠8・9・10ヶ月となります。

この他では「安定期」という呼び方があります。これは時間軸で表現しているのではなく、状態の表現と考える方が近いのです。

例えばこれです→“やっとつわりが治まって、安定期入りしたみたい”とか、“妊娠中期にもなったのだから、安定期って考えても良いよね”と、こんな風に使い分けています。

こうして妊娠を数えたり、その状態を表現しているのです。

【先輩ママ達の数え方と体験談】

《2ヶ月ごろ》

妊娠2ヶ月頃の吐き気には泣かされました。食べ物の好みも変わり、それまで好きだった焼き魚が食べられなくなったり、ごはんの匂いも全然ダメでした。

食べる物だけではなく、お肉の見た目が苦手になってしまい、見るだけでも吐き気がして、料理が出来ませんでした。

《妊娠初期の胃痛》

妊娠が判明して以降、妊娠初期から中期に入るまでの間、ずっと胃痛に悩みました。普段から胃が弱いからなのか、強い胃の痛みが出て、食欲もなく、栄養も取れなくなりました。

元々葉酸サプリメントは取っていたのですが、それだけでは足りないと思い、鉄・カルシウム・亜鉛など、妊娠初期の間は、あらゆる栄養成分をサプリメントに頼っていました。

《妊娠後期の貧血》

比較的つわりも軽く、安定した妊娠生活でしたが、妊娠後期の8か月に入った頃、貧血が判明。普通に食事がとれていたので、貧血が出た時には驚きました。

しかし、妊娠後期に貧血が判明するのは珍しくない事だと分かり、なぜか安堵感。鉄剤を処方されたのですが、これが私のカラダには合わなくて、副作用に苦しみましたが、お腹の赤ちゃんのためだと自分に言い聞かせ、頑張って飲み続けました。

《妊娠7週目です!!》

妊娠が判明したのが妊娠7週目。妊娠2カ月の終わりごろ。頭痛と吐き気に襲われ、風邪だと思い病院に行ったところ、おめでたですよと言われてびっくり。すぐに産婦人科に行き、再度診断。やはり妊娠していました。

《やっと安定期に入りました》

妊娠初期にはつわりに悩まされましたが、中期に入るとつわりもほぼ治まったので、安定期に入ったのだと喜びました。

安定期には、好きな映画を見に行ったり、ランチに行ったりしながら妊娠生活を楽しみたいと思っています。後期になり、お腹が大きくなるとできない事もたくさんあると思うので、今のうちに全部やっておこうと思います。

【まとめ】

妊娠の数えかた・使いかた、私にとってはやはりややこしい。

どれか1個でいいじゃないのと思うのですが、使い分けを見ていると、やはり全部に意味があるのだと実感。皆さん、上手に使い分けていますよね。

体調の変化などを表す場合であっても、病院ではざっくり説明とはいきませんし、逆にママ友との和気あいあいのランチでは、細かすぎる表現も考え物です。ちょっとややこしくても、必要だからこそ存在している表現なのですね。

妊娠週別に気を付けておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です