妊娠中の栄養足りてる?/葉酸について

妊娠中の栄養補給、案外大変ですよね。

妊娠初期にはつわりで食べられない時期が続き、やっと安定期に入って食欲が出て来たならは、今度は体重コントロールが待っています。不足してもダメ、多すぎもNG。本当に妊娠中のママは悩みが尽きませんね。

それもこれも元気な赤ちゃんを産むために必要な事。ママとしての役割の第一歩なのですね。

そこで、今回は妊娠中に取るべき栄養成分の中から「葉酸」について。どんな栄養成分で・どんな役割をもっているのか?・必要な分量・どんな食品に多く含まれているのか?あるいは注意すべき食品は?アプリメントでの摂取はリスクがあるのか?等についてご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養成分/葉酸の必要な分量について】

妊娠中の栄養素といえば葉酸、ですよね。この葉酸、ママにとっても赤ちゃんにとっても必要不可欠な栄養成分なのです。

しかも、万が一にも不足した場合、赤ちゃんに多大なリスクが待っているのです。

では、その葉酸をどれくらい摂取すればいいのでしょうか?また、葉酸を含む食品には何があるのでしょうか?

《葉酸とはどんな栄養成分なのか?》

葉酸とは、必須ビタミンの種で、ビタミンB群に属している、生命維持には必要不可欠な存在。水溶性ビタミンの一種である葉酸は、体内に蓄積する事が出来ないために、常に適度な量を摂取する事が必要になるのです。

《どんな役割をもっているのか?》

葉酸は、体内で行われている生命維持活動である細胞分裂や増殖の活性化を担っています。

妊娠初超期から初期にかけの妊娠7週目までに赤ちゃんの脳や脊髄の形成が進みますので、この時期には必須の栄養素なのです。

万が一、この時期に葉酸が不足してしまった場合には、先天異常の発症リスクが高くなる程重要な栄養成分が葉酸なのです。

こういった先天性異常の発症を懸念して、厚生労働省では計画的な妊娠を行う場合には、妊娠の1ヶ月以上前から積極的に葉酸を摂取するように呼びかけています。

《必要な分量とは》

妊娠しているという前提では、通常時の2倍の量である480マイクログラムの摂取が必要とされています。

《葉酸の特徴》

葉酸は水に溶けやすい事と、加熱調理によって半分程度に分解されてしまうといった特徴があります。生で食べられるものは生でいただけば、ほぼ全量が摂取できます。

また長い時間水につけておいても水の中に葉酸が溶けだしてしまいますので、洗う場合には手早く処理しましょう。

《葉酸摂取の注意点》

葉酸は、普段私たちが口にしているホウレンソウやブロッコリーといった野菜、マンゴーやメロンなどの果物、納豆やのりなどの加工食品にも多く含まれていて、比較的簡単に摂取できるのです。

しかし、葉酸の特徴である、水に溶けやすい・熱に弱い事と、体内に吸収されにくい栄養成分である特徴から、必要量を食品から摂取する事が難しいとも言われています。

また、必要量を食品から摂取した場合には、同時に含まれる別の栄養成分の過剰摂取となるリスクも含んでいるので、葉酸を多く含む=摂取すべき食品と一概に判断できないのです。

《サプリメントでの摂取は安全?》

葉酸をサプリメントで摂取する場合、その摂取量を守れば安全だと言われています。しかも、サプリメントで摂取する場合には、食品からの摂取に比べて吸収が良いのもありがたい事。

ただし、量を守らなければ、過剰摂取となってしまいますので、用量には注意が必要です。

また、葉酸サプリメントの体内吸収率を上げる為には、一日分の分量を数回に分けて摂取する事・空腹時を避けて摂取する事が望ましいとされています。

あるいは、カフェインやタンニンを含む飲料などを同時に摂取した場合に、葉酸の吸収を阻害しますので、葉酸摂取から2時間程度はこれらの摂取を控えましょう。

《葉酸サプリメントの副作用》

葉酸の摂取量は一日480㎍とされていて、どんなに多くても1000㎍を超えて摂取してはいけません。万が一過剰摂取してしまい、その副作用が起きた場合には、その症状として食欲不振・吐き気・不眠症・むくみなどを発症します。

また、過剰摂取の顕著な例としては、お腹の赤ちゃんの健康問題という深刻な懸念があります。くれぐれも過剰摂取とならないように充分な注意を払いましょう。

【まとめ】

葉酸は食品から必要量を摂取する事が難しいというのは困った問題でした。しかし、サプリメントで安全に摂取できるのであれば、その方法を選択すれば解決できます。

ただし、過剰摂取も禁物ですので、サプリメントと食品からの摂取分量のコントロールも必須。葉酸を多く含む食品の摂取量をコントロールするなどで、対応しなければいけません。

サプリメントからの摂取量480㎍と上限摂取量1000㎍、食品からの摂取が難し点を考えれば、特定の食品を多量に食べたとか、葉酸を含む食品ばかりを食べ続けたなんて事が無い限り、過剰摂取となる可能性は高くないのでしょう。

また、妊娠を望む場合には、妊娠計画の段階で葉酸サプリメントを摂取する事が必要なのだと言う事も分かりました。準備段階での摂取が大切なのですね。

妊娠のごく初期段階に必要となる葉酸です。妊娠を望む場合には、サプリメントなどを活用して、必要量の葉酸の摂取をはかり、健康な赤ちゃんの誕生の準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です